メディア掲載

「第69回沖展賞」受賞者インタビュー(3)

沖縄県内最大の総合美術・工芸の公募展「第69回沖展」(主催・沖縄タイムス社)は18日から4月2日まで、浦添市民体育館で開催。一般応募作品の最高賞に当たる沖展賞を受賞した9人に、制作した背景や今後の抱負を聞いた。(紙面掲載日:2017年3月15日 文化面)

2色で秋の奥行き表現

「新古今和歌集」秋の歌2首を、2色でつくる横長の紙(縦60センチ、横178センチ)に躍動感と変化をつけて奥行きを表した。書き出しの3分の1は白紙に身近な秋風の風景を詠んだ詞。残り3分の2には月と紅葉をイメージした山吹色の染め紙に、大きなスケールでゆったりと筆を運ぶ技法を取り入れた。



山吹色の紙からイメージをふくらませて歌を選んだ。鑑賞者に秋の風景の遠近感を感じてもらおうと心掛けた。墨汁の含みの乏しい筆でかすれさせる渇筆の技法も使った。

2011、15年に奨励賞に選ばれたものの沖展賞の知らせに驚かされた。「まさか沖展賞をとれるとは夢にも思っていなかった」と感激した様子。書いた分だけ力になる-。後悔せぬよう何度も書き直して出した作品が審査員の評価を得た。

       
渡慶次喜代美 とけし・きよみ さん
1958年嘉手納町生まれ、嘉手納町在住。