メディア掲載

「第69回沖展賞」受賞者インタビュー(4)

沖縄県内最大の総合美術・工芸の公募展「第69回沖展」(主催・沖縄タイムス社)は18日から4月2日まで、浦添市民体育館で開催。一般応募作品の最高賞に当たる沖展賞を受賞した9人に、制作した背景や今後の抱負を聞いた。(紙面掲載日:2017年3月16日 文化面)

奇抜さの中に人の感情

前衛芸術の舞踏公演のポスターに、CG(コンピューターグラフィックス)で表現でできる色とデザインの可能性を追い求めた。奇抜さの内面にある踊り手の悲しみや怒り、魂を表現して「二度と作れない色が出た瞬間、楽しさを感じた」と穏やかな表情だ。

グラフィックデザイナーとして活動しながら、商業デザインと一線を画した創作活動を続ける。版画やデザインなど多彩な作品を手掛けつつ「決してジャンル分けはしていない」とアートの持つ表現力を模索している。

「新しいものを発見したい」ことが沖展に出品するモチベーションだという。

「仕事が趣味」というほどアートの世界にのめり込む一方「受賞には驚いた。常に違った視点や指向を持って、アートの可能性を考えたい」と創作意欲は尽きない。

       
川平勝也 かわひら・かつや さん
1964年那覇市生まれ、豊見城市在住。