メディア掲載

「第69回沖展賞」受賞者インタビュー(1)

沖縄県内最大の総合美術・工芸の公募展「第69回沖展」(主催・沖縄タイムス社)が18日、浦添市民体育館で開幕しました。
一般応募作品の最高賞に当たる沖展賞を受賞した9人に、制作した背景や今後の抱負を聞いた。(紙面掲載日:2017年3月10日 文化面)

海辺のような空間意識

旅行で初めて沖縄に訪れた際に目にした海の美しさに魅せられ、移住して5年。以来「海へのいざない」をテーマに作品を作り続ける。

受賞作は、和紙やプラスチック、ベニヤなどさまざまな素材を使い、コラージュを重ねた。

白と青をベースにした海辺のような空間においたサンゴは、自宅近くの浜辺で拾ったもの。絵を描くというよりも「大工仕事のような気分」で制作を楽しんだ。

絵画や彫刻といった、カテゴリにとらわれないものを生み出したいという思いがある。常に「作品に生かせないか」という視点でものや世界を見るという。

「これからもやりたいように描いていいのだという励みになった」と受賞を喜ぶ。5月から開く個展に向け、いっそうやる気につながったと話す笑顔に自信が満ちていた。

鈴木金助
すずききんすけ
さん
1945年千葉県生まれ、うるま市在住

生命の息吹感じて挑戦

バナナの木になった花を包む包「バナナハート」をモチーフにし、花びらが集まる内側は白ベースに螺鈿(らでん)で表現した。イメージはこれから育ち広がる生命、繁殖や繁栄だ。

昨年の「降誕」に続き2年連続で受賞。第1子誕生の1週間後に仕上げた前作は「誕生」「芽生え」を表現し、今作は1児の母となった「自分の気持ちを表したかった」。漆と麻布を何度も塗り重ねる乾漆技法で、今回は自作の布製クッションにラップを巻いて型として使うという初の試みを実践した。螺鈿も白地で使うのは初挑戦。技術的な難しさに直面しながら自身の技術が磨かれるのを感じた。

石垣島に移住し4年目。夫と営む飲食店で漆の魅力を発信し続ける。今後は島の素材をもっと生かした作品を目指すといい「ここに居る意味も考え、しっかりアンテナを張りたいですね」とほほ笑む。

宇野里依子
うの りえこ
さん
1980年茨城県生まれ。石垣市在住。