メディア掲載

「第69回沖展賞」受賞者インタビュー(2)


沖縄県内最大の総合美術・工芸の公募展「第69回沖展」(主催・沖縄タイムス社)は18日から4月2日まで、浦添市民体育館で開催。一般応募作品の最高賞に当たる沖展賞を受賞した9人に、制作した背景や今後の抱負を聞いた。(紙面掲載日:2017年3月14日 文化面)

時間かけワクワク創作

「母親の連絡で受賞を知った。いろいろな人から電話で、おめでとうと言われうれしかった」と笑みを浮かべる。

高校3年生から陶芸家の叔父の手伝いを始め、作陶歴は12~13年。沖展出品5度目の応募となる複雑な動きと変化に富んだ作品「風神雷神」で、2008年の浦添市長賞に続く2度目の受賞に輝いた。

沖縄本島北部の土に信楽の土を約2割混ぜて成型。「一気に作ると形が崩れるので時間をかけ、約3カ月をかけて作品を作った」と話す。

穴窯での薪(まき)を使った焼成にこだわる。「失敗も多いが自分の想像を超えた自然釉(ゆう)の作品になる。窯出しまでの期待も大きい」と魅力を話す。

風神 雷神

「失敗も多く大変だが、好きだからまた作りたくなる。受賞は創作の励みになるので、今後も楽しくワクワクするような作品を作りたい」と意気込む。

当真裕爾
とうま・ゆうじ
さん
1986年沖縄市生まれ、同市在住。

魂や記憶に命吹き込む

「人間をテーマに制作したい」。初出品で沖展賞受賞作は1辺が約90センチのテラコッタの立方体「輪廻」。スクラップされる廃車に感傷を抱きながらも再生される姿に人間の生まれ変わりを連想し、重さ120キロに表現した。「人は亡くなっても魂や記憶は残る。それらが溶け合い新しい命が吹き込まれるのではないか」。かわいがってくれた亡き祖父母の記憶も込めている。

「輪廻」

沖縄県立芸術大学博士課程に在籍する留学生で沖縄での生活は延べ6年。自由な窯組みで、巨大なテラコッタ作品を制作する沖縄の県芸の現場に創作意欲をかき立てられた。土作りから乾燥、焼成技術を学んだ。一度は教員になろうと帰国し、遼寧大の常勤講師になったが、芸大に博士課程ができ、14年に戻ってきた。

「土は命の神さまのようなもの。自然な素材が好きです」

趙英鍵
ちょう・えいけん
さん
1983年中国黒竜江省生まれ、那覇市在住。