メディア掲載

沖展70th exhibition 沖展賞受賞者インタビュー(1)

沖縄県内最大の総合美術・工芸の公募展第70回「沖展」(主催・沖縄タイムス社)が21日、浦添市民体育館で開幕する。一般応募の最高賞に当たる沖展賞を受賞した8人に、受賞作や今後の抱負を聞いた。(沖縄タイムス紙面掲載日:2018年3月15日 文化面)

ガラス・森上真さん 沖縄の海連想する造形

「同じ質量で全く違う造形にできる。ガラスの美にやられた」。

21歳、都内の専門学校でのコップ作りで進路が変わった。郷里・高松市での生活を経て、2009年に沖縄の手作りガラス工房に就職。14年、沖展に初入選した。

(写図説明)Submariner-青の中へ-

大好きな海とガラスを結びつけた作品は、7頭のマッコウクジラが躍動感たっぷりに泳ぐ。沖縄の青い海を思わせる色で、ガラスの中で光が屈折する。「群れになることで方向性が生まれる。海を進むさまを想像してほしかった」

珪砂(けいしゃ)にソーダ灰、色付けのコバルトなどを混ぜて溶かしたガラス。作品に必要な分をさおですくい、重力や遠心力で伸ばして体を作り、トング状の道具で形を整えた。

「もっと若い人は発想も感性も違う。みんなが好きな作品を出し、沖縄のガラス界を盛り上げられたら」と語る。

       
森上真 もりがみ・まこと さん
1981年香川県生まれ、糸満市在住。