メディア掲載

沖展70th exhibition 沖展賞受賞者インタビュー(2)

沖縄県内最大の総合美術・工芸の公募展第70回「沖展」(主催・沖縄タイムス社)が3月21日~4月8日、浦添市民体育館で開催。(沖縄タイムス3月16日文化面掲載)

書芸・仲舛由美子さん 程順則の漢詩 濃淡工夫

昨年から取り組んでいる巻子。程順則の漢詩「東海朝曦」を行草体で手紙のように仕上げた(縦35センチ、横350センチ)。「首里城の東の空をみると、朝霧が朝日を浴び、広い海原を鳥たちが羽ばたいている~」と詠んだ状況を青色のぼかしが入った紙に表現。194文字の線の強弱や抑揚、墨の濃淡に工夫を凝らした。

(写図説明)程順則詩

「驚きと感動で涙があふれた」。20代から挑戦し続けた沖展での受賞に喜びもひとしおだ。文字の大切さを教えてくれた伊是名村出身の両親の勧めで幼い頃に始めた書道。23歳で師匠と出会い、本格的に書芸の道へ進んだ。
常に諦めない気持ちで練習を重ねる。具志川高校の書道講師を務め「いいものを生み出すには努力が必要と伝えてきた。手本を示すことができたかな」と笑顔を見せる。師匠や家族、仲間に感謝しつつ「鑑賞者に喜びを与えることができる文字を目指す」

       
仲舛由美子 なかます・ゆみこ さん
1961年沖縄市生まれ、同市在住。