メディア掲載

沖展70th exhibition 沖展賞受賞者インタビュー(4)

第70回「沖展」(主催・沖縄タイムス社)が21日から4月8日まで、浦添市民体育館で開幕(沖縄タイムス紙面掲載日:2018年3月20日 文化面)

グラフィックデザイン・中曽根靖さん 大胆な色彩 力強い造形

「かけがえのないもの」というテーマで制作したヤンバルクイナをモチーフにしたポスターが受賞作。大胆でインパクトのある色彩と直線を生かした力強い造形で希少生物の存在感を表した。
「デザインの原点に戻りシンプルに表現したいと思った。小さな子どもからお年寄りまで作品を見た人たちの間でコミュニケーションが生まれれば」と創作意図を話す。


(写図説明)IMAGINATION 01

26歳からデザインの仕事に従事。現在は県内のデザイン会社に勤務し「自分の中のイメージを具現化するのがデザインの魅力」と説明する。
3度目となる沖展への応募で最高賞を射止めた。「たくさんの方からおめでとうと言われ、本当にうれしい受賞。一般の人々にデザインの面白さを感じてもらえるよう、これからも新しい形を生み出したい」と意気込んでいる。

中曽根靖(
なかそね・やすし
さん
1972年宜野湾市生まれ、同市在住。

絵画・與那覇勉さん 喜怒哀楽を地層で表現

二つの地層が大地にそびえ立つアクリル画「地相2」。人類の誕生より先に存在していた地球と、その大地の上で生きる人々をテーマにした。人が生きる上で喜びや悲しみを重ねるさまを色鮮やかな地層で表現した。「地球と生き物の一体感を表現したかった」
地層が引き立つよう背景を少し暗めのトーンで描き、毎日1時間から2時間、約3カ月間をかけて地層の鮮やかなグラデーションを描いた。


(写図説明)地相2

高校生の頃から絵に興味を持ち、23歳でグラフィックデザインを学んだ。2011年に絵画部門で初出品。過去に5度入選しており6度目の挑戦での初受賞となった。
「まさか受賞するとは思っていなかったから驚いているよ。僕の絵は時間がかかるんだけれども、これからも体が動く限りは絵を描き続けていきたいね」とほほ笑んだ。

与那覇勉(
よなは・つとむ
さん
1950年宮古島市生まれ、与那原町在住。