メディア掲載

沖展71th exhibition 沖展賞受賞者インタビュー(上)

 沖縄県内最大の総合美術・工芸公募展、第71回「沖展」(主催・沖縄タイムス社)が23日、ANA ARENA浦添(浦添市民体育館)で開幕する。一般応募の最高賞に当たる「沖展賞」を受賞した6人に、制作の背景や抱負を聞いた。(沖縄タイムス紙面掲載日:2019年3月20日文化面)

絵画 サンリー・ヨンツォさん 陰陽交錯する世界 表現

 マジックアワー。ゆっくりと染まっていく夕暮れを自宅から眺めながら、いつか描いてみたいと考えていたテーマだった。1日が一段落し、明日への希望を思い描く、あるいは魔物が出るともいわれる時間帯。そんな陰と陽が交錯する世界を、折り紙を1枚ずつ重ねるように平面的に表現した。

〈アコウクロウ〉

 画家で文筆家だった父、永吉さんの影響もあり、幼い頃から絵が身近だった。数年前に仕事をリタイアしてから本格的に抽象画を描くようになり、本名を中国語読みにした雅号で入賞を重ねてきた。描いてきた作品には、沖縄を取り巻く問題へのメッセージも見え隠れする。沖縄に根を下ろす美術家としての社会参加という。

 野菜や草花を植物図鑑のように写実的に描く「ボタニカルアート」にも意欲的で、グラフィックデザイン部門でも受賞歴があり、準会員となっている。今年は抽象画と併せた個展を企画しているという。

       
サンリー・ヨンツォ さん
本名:山里永作(やまざと・えいさく)1948年越来村(現沖縄市)生まれ、那覇市在住。