メディア掲載

沖展71th exhibition 沖展賞受賞者インタビュー(下)

 沖縄県内最大の総合美術・工芸公募展、第71回「沖展」(主催・沖縄タイムス社)が23日~4月7日、ANA ARENA浦添(浦添市民体育館)で開催される。(沖縄タイムス紙面掲載日:2019年3月22日文化面)

工芸・ガラス 友利龍さん 高度な技術 発想具現化

 受賞作「守り神~白龍~」は、3年前から構想を練っていた作品。昨年の沖展に出そうと挑戦したが断念した経緯もあり「作品が完成し、さらに賞までもらえてうれしい」と喜ぶ。

〈守り神~白龍~〉

花瓶の本体を作った後、龍の体を巻き付け、パーツを付けていく。花瓶と龍の温度のバランスがとれないと、くっつかなかったり割れたりする、高い技術を要する作品だ。電気炉から完成した作品が出てきた時は、すぐに実家に電話し、喜びの報告をしたという。

勤務する琉球ガラス村の研修で行ったイタリアの工房で、ガラスでできないことはないと感じた。自分の名前でもある龍の造形をイタリアで目の当たりにし、沖縄の陶器に見られる、龍が巻かれているつぼをガラスで作ってみようと考えた。「龍という名前を付けてくれた親、一緒に作ってくれた職人さん、会社、イタリアの工房にも感謝したい」と話す。「これからもガラスの可能性を広げていきたい」

       
友利 龍 ともり・りゅう さん
1979年八重瀬町生まれ。同町在住。