メディア掲載

沖展70th exhibition 沖展賞受賞者インタビュー(3)

第70回「沖展」(主催・沖縄タイムス社)が21日から4月8日まで、浦添市民体育館で開幕(沖縄タイムス紙面掲載日:2018年3月19日 文化面)

木工芸・波平敏弥さん 音響くいす 緻密に計算

木製スピーカー内蔵のいす「OTOKAGU」で受賞した。スピーカーの構造を研究。県産のクスノキを座面と底に使い、音が響くよう中層のアカギをくりぬいた。スマホ内の音源を再生して、イスの穴に差し込むと、座面の底から音が響く。「高音と低音が出るよう大小の二つの穴を開けて工夫した」と話した。

(写図説明)OTOKAGU

昨年3月、県立芸術大学で卒業制作用に1年かけて作った4脚の一つ。「手を動かして作るのが好きだけれど、木は香りや一つ一つ違う表情、経年変化も面白い」と木の魅力を語る。
アカギの脚のくさびには真鍮(しんちゅう)を使った。木と金属。異素材の組み合わせも追求した。アクセサリーも手掛ける。「ブランドとしていつか商品展開できたら」と夢を掲げる。「技術を磨いてこのアイデア、方向性で作り続けたい」

       
波平敏弥 なみひら・としや さん
1993年北中城村生まれ、那覇市在住。